歯医者でもマイクロスコープを使う

細かいところを見るためによく使うマイクロスコープですが、今は歯医者でも使う時代です。


目視で削ったり、清掃したりするのが通常でしたが、マイクロスコープを使うことによってより細かいところまで鮮明に見ることができ、作業のレベルや効率が良くなります。歯医者専用のマイクロスコープも販売されているほど注目が高まっています。


治療中にずれないことはもちろん、より高精度の商品がデンタルショーなどで発表されていますので、今まで使っていなかった歯医者さんも興味を持つきっかけとなっています。

NAVERまとめ情報を調べるなら、こちらのサイトが効率的です。

医院によっては歯科衛生士も使っているというところも多いです。

歯科衛生士の主な仕事のひとつであります歯石を除去するときなどには本当に役に立ちます。



歯肉の下などは目視で確認しづらいですが、歯肉と歯の境目などの歯石の取り残しなどは鮮明に見えることで格段に技術が向上します。

歯石は取り残してしまったり、歯の表面をきれいに機械で清掃しきれていなかったりしますと、また沈着しやすい環境を作ってしまいます。

また歯の表面の小さな傷や虫歯を見逃すことなくクリーニングする機械をあてる力を調整することもできますので本当に便利です。一度マイクロスコープを使って治療すると手放すことができないという声が多発するほど、とても高性能で使いやすいものです。



価格は少し高いですが、高レベルな歯科治療を目指しているという人にはとてもおすすめの商品になるでしょう。